生活に満ちてたら性活は必要ないような

特に理由はないのだが、tinderを始めてみた。英語がよくわからないのもあるけど、それ以上に友達の友達、昔寝た男性、中学校の同級生が見つかり、驚いている。マッチングはするが、こっちからメッセージを送らないので、何も進展しない。そもそも料金のシステムがわからない(男性もメッセージの送信は無料とあったが、本当だろうか)

おそらくここは彼氏彼女を探す人はいないんだろう。なんとなくそれはわかっていた。

twitterでのアンケートを見たのだが、tinderをやっている人も、ペアーズをやっている人も、男性の場合「性活」が目的なのだそうだ。うーん…

セックスしたいのは自由だけど、マッチングアプリでセフレを探すって、出会い系でセフレを探すのとは違う。まぁ、マッチングアプリも出会い系も同じものでしょ、も言われたらそれまでなのだが、マッチングアプリは合理的かつ現代的な感じがする。顔とスペックでひたすら分別していく。

まぁ、tinderは首都圏の人向けな感じがした。すぐ近くにいる人を見つけられるわけで。しかし、中学校の同級生も、昔寝た男性も、どこに住んでるか、どこにいるのかわかってしまって少し笑った。

twitterで性活ウォッチングをしていると、彼らが求めるセックスってインスタントな感じがしてしまうのだ。サクッと相手を見つけて、ヤる。そこに濃密なエロスはない。イケメンとヤリたいと公言している人もいる。

私はこそこそ出会い系でセックスをしていた人間なので、色々考えてしまうんだと思う。でも、20代前半のときに会ってた男の子って、手間はかけてくれたけど、ドライな面もあった気がする。彼らが求めていたのはなんだったのかよくわからない。彼女でなさそうだったのは確かだし、おそらく定期的にセックスをする相手でもなかった気がする。私は彼氏が欲しくて仕方がなかったから、彼らとは続かなかった。

マッチングアプリは不健康である。毎日が楽しかったら、そういうことをする必要はたぶんない。しかし、めちゃくちゃ人脈が広くても、彼らはさらに広げたいのだろうか。セックスとは違うのか。副業に繋げたいのか。わからない。

 

もうしたいことがない、という状態に陥っているアラサーを見ると、昔の自分を思い出す。だが、私はしたいことがなくても、この世界を見ていたい、と思う。

あと何年経ったら、ヒリヒリした気持ちを忘れられるのか、忘れられないまま年だけ取るのか、それを知りたいのだ。

二次元は正しい

あんさんぶるスターズのキャラクター、斎宮宗を崇拝している。彼のいるアイドルユニット、Valkyrieは宗教以外の何者でもない。良かった、Valkyrieが実在するアイドルじゃなくて。今の仕事じゃコンサートに行けなくて、毎日めそめそ泣いていただろう。

Valkyrieがいなくても、毎日めそめそしていたのだが、タワーレコードでやっとValkyrieのキャラソンを買ったら、特典で斎宮宗様のカードがついてきたので舞い上がった。めちゃくちゃ嬉しい。生きてて本当に良かった。

 

そんなだから、三次元の男性に興味が湧かない。

Tinderを冷やかし程度に始めてみた。最初はスタイリッシュなシティボーイズだらけに思えて、彼らとマッチングするのは楽しかったけれど、メッセージが全く来ないのでどうでもよくなった。こちらからメッセージを送ることはない。だって、話すことがなんにも思いつかないのだ。

大体私は日本の教育と、好きな勉強についてと、あんスタと文アルと、アイドルと美容のことを考えている。そこで完結している。一人の男性に興味が持てそうもない。人と食事をするのも好きではなかった。誰かを好きになる感覚を思い出したいけど、思い出せそうもない。 

子供の頃思い描いた恋愛と、二次元のキャラを好きになることは正しい気がする。少なくとも、聴覚で私は彼らに恋をしている。

お師さんに命令されたら、こんなにダラダラしないのに。あの、押すとあの声で叱ってくれるグッズ作ってください。ファンはきっと買うと思う。あ、はすみんに説教されるグッズも欲しい(妄想してないで頑張れよ)

恋に落ちてから言えよ

知識は必要だが、知識だけでは生きていけないし、理屈で全部は通らない。ネットで見かけるつぶやきや、ニュースに関するコメントを見る限り、「必要ない知識を知ってしまったことにより、恋愛出来ない人」は増えているのだと思う。

数年前、ある男性に好意を寄せたことがあった。そのことで悩んだので、メールしていた男性(LINEではなくメールなのが時代を感じるな)に相談したところ、ネットで検索した答えを教えてくれた。話を聞いてくれたことはありがたかったし、とても良い人だったんだろうけど、戸惑いを隠せなかったことは事実だ。

それから少し経った。職場にいた年下の女の子は、だいぶネットに依存していたようで、そこからの情報と決めつけが激しかった。「○○さんはプレッシャー世代ですよね」と言われて、戸惑ったこともある。

 

血液型で性格を決めるのもおかしいけど、この決めつける風潮はその比じゃないな。

最近、発達障害に関する本を読んだ。空気が読めない人をアスペ扱いするのがネットの風潮だが、そう単純なものでもない。例えばアスペルガーの人に、「こういうことをするとこうなるから、こういうふうに行動してね」と言えば、彼らは空気を読んでくれた。もちろん、これはたまたま彼がそうだっただけかもしれない。  他のアスペルガーの人も、「論理的に相手の感情を読み取るのは得意」と言っていた。

別の発達障害の診断を受けている人は、話し合いがそもそも出来ない。これは、発達障害ではなく、相手のキャパシティの問題な気がするし、何の診断を下されていなくても、話し合いが出来ない人は多いだろう。

 

私は30歳を過ぎて、恋人がいない人は性格に問題がある、普通にしてれば、女の元に男は寄ってくるという考えの人に異議を唱えたい。あなたは、周りの女性の性格をそんなに簡単に見抜けるんですか? と訊いてみたい。社内恋愛ならまだわかるかもしれないが、合コンや婚活パーティーで、相手の性格をすぐに理解できる人なんていないと思う。そして、恋愛市場で必要とされている人は、普段良い人と思われているわけでもない気がする。優しい人、と言うけれど、その人が優しいかどうかなんてわかるのだろうか?

と、「○○さんは良い子なのになんで彼氏が出来ないんだろうね」と言われる人の僻みを書いてみました。毎日仕事だし、飲み会に行けないし、逆ナンするくらいしか出会いはないと思います。

もう二次元にしか救いはないから、どうでもいいんだけどね…

夢だけを書く(書けなかった)

現実は、出会いもなく、出会おうとしてもおらず、33歳で、恋愛におけるスペックが低すぎるが、そんなことはすべて忘れて、願望だけを書きたい。正確に言うと、プレゼントされたいものである。

 

CHANELの赤リップ

山田詠美の小説が大好きな身としては憧れますよね。いや、女性でCHANELの赤リップに魅力を覚える人は結構いるのかな。

CHANEL自体が好きというわけではなく、CHANELの赤リップが欲しいんですよ。サプライズでもらったら結婚すると思う。

 

HERMESバーキン

相手が石油王だったら。

ハイブランドのバッグで唯一憧れるもの。でも、コットンのしか欲しくない。

自分で買おうと思ったけど、バーキンに似合う女性になれる気がしない。

ちなみに私はJANE BARKINが大好きです。ゲンズブールはどこにいるのやら。やせたけどBARKINにはなれやしない。

 

・下着かもしくは香水

服ではダメなんだ。肌に近いものがいい。まず、私のカップサイズを覚えていてくれたらそれでいい。

香水は好きだけど、自分に似合う香りがよくわからないので、「これはあなたに似合うと思った」って言ってプレゼントされたら嬉しい。

ただ、メジャーな香水は使わないと思う(性格が悪いのはわかっている)

 

現実に戻ろう。 

男性の性欲が高級ブランドをプレゼントしたり、高級レストランに連れていくというのは納得しない。いずれは性欲に結びつくとしても、「相手の喜んでいる顔が見たい」からプレゼントする人もいるのではないだろうか。いや、いてくれないと困る。

私がいちばんびっくりしたのは、YSLのリップを彼女にプレゼントした男子高生がいたことだ。どこをどうやり直したらそのような幸運に恵まれるのか、考えたくもない(おそらくそれは宇宙の話だ)。どう考えても、これから先YSLのリップをくれるような男性には会えないだろう(ちなみにYSLのリップは持っているので、特に欲しいものに入れなかった)

でも、よく考えたら彼氏にプレゼントされている女の子なんて結構見てきた。彼女達は皆美意識が高かった。当然、投資している金額も大きい。一時期、そこの観点から考えると、私はマイナスの人生だなと思って死にたくなったことがある。私は毎月美容院に行って、数ヶ月に1回は10万円くらい服を買って、恋人への食事代もホテル代も出していたのだ。ちなみに恋人は激務のため性的不能であり、セックスをしたことはない。しかも、このようなことはなかったことにされているようで、ずっとtwitterで悪口を書かれている。

うん、決めた。やっぱり恋愛は損しかしないからしても無駄だ。時間とお金が消えて、傷ついてネタしか出来ない。同じお金を使うなら、ソシャゲに課金をしたほうがよほどマシというものである。

本音を言えば、「毎日仕事を頑張ってるからご褒美だよ」と言って何かもらいたいところだが、休みがないことを知人男性にこぼしたところ、「俺だって働いている」と言われて終わりであった。何か願望があって、異性に近づくともれなく傷つくように出来ている。呪われているのかもしれない。

…世の男性の皆さん、疲れている女性にはもう少し優しくしてあげてくださいね。何かくれなくてもいいから。

ドトールを初対面の場所に使うな、その果てに結婚したとして(牛乳石鹸のwebCMについて)

昨日、twitter牛乳石鹸のCMに関するツイートを見て、それから少し検索して、いざCMを見たら、うーんとなった。私は牛乳石鹸を買う主婦層に近いが、新井浩文が可哀想だな…という印象しか受けなかった。

まず、子供の年がよくわからないけど、「父親も誕生日を祝わなければならない」となっているのが不思議だ。もし、「子供の誕生日は両親が祝うもの」となっているのだとしたら、よほど私の家は普通ではなかったのだなぁと思う。それが悲しいとか、辛いとか思ったこともあまりない。

男尊女卑な三世帯家族で育った私にとって、男性とは「ストレスに弱い生き物なのに、働かなければならず、プライドも高いので傷つけていけない、扱いの難しいもの」でしなかった。女の仕事は家事をし、その男性を支えることである。父親は子育てには参加しない。

だが、子供に優しい父親もたくさん見ているし、子育てに積極的な父親も多い。

休みの日にショッピングモールに行ったら、幼稚園か保育園に通うくらいの年齢の女の子が、お父さんにTHE BODY SHOPのボディバターを買ってもらっていて驚いた。お父さん、といってもまだ20代だと思うけど、彼は娘の肌の乾燥を可哀想に思ったのかもしれない。良い香りで肌がしっとりすることは、子供にとって幸せなことだろうし、良い思い出になると思う。出来たらなってほしい。

話を元に戻そう。家事にも子育てにも参加しなければならない新井浩文。思っていることも口に出せず、そのもやもやをお風呂場で、牛乳石鹸で洗い流すしかない。洗い流したところで全然解決されてない、と言っていた人がいたけど、大抵の物事は解決されないし、洗って誤魔化すしかないような気がしている。これは極端な例かもしれないが、いくらでも問題のある家族はいると思うのである。話し合いとか会話というのは、お互いする気がないと出来ないのだ。新井浩文が「昔のお父さんは良かった」と妻に言ったところで、妻がその本意を理解するとは思えない。妻も不満はあるだろうが、新井浩文がそれを理解できるかもわからない。問題はあっても、なんとなく続くのが家族のような気がしている。

 

お盆休みの時期だから、というわけでもないが、コンビニで待ち合わせをして車に乗り込む女性を見た。コンビニで待ち合わせをする、というのは不自然に見える。カップルなら相手の家に迎えに行くと思うからだ。わからないけど。

この不自然なパターンとして、「ドトールにいるぎこちない男女」の例が挙げられる。おそらくマッチングアプリとか、婚活サイトでやりとりしていて、初めて会うのだろう。男性も女性も異性に慣れていない感じで、会話が非常にぎこちない。

さて、30代で結婚を控えている男女がデートする場合、サイゼリヤはなしというツイートが話題になった。私はドトールもなしだと思うね。

もちろん、初対面が食事ではなくお茶のほうがいいという人もいるだろうが、お茶だったらおしゃれなカフェとか、カフェが気取りすぎなら喫茶店のほうがいいと思う。ドトールは好きだけど、単価が安いのと、仕切りがないのが問題である。私もドトールで初対面の男性とお茶をしたことがあるが、ものすごく周囲の人が気になった。彼は会話に夢中で、私が上の空であることなんて気付いてもいない。いや、男性で私が上の空であることに気づいた人なんていなかった…

 

ドトールで出会って、うまくいって、仕事が大変でも、家事は手伝わなくてはならず、子供の誕生日を祝わないといけない。彼女の誕生日を祝うこともしなそうな男性が、子供の誕生日を祝うことはしない気がするが、そんな男性は結婚しないかもしれないね。

 

世の中に恋愛したい男女はいて、結婚したい女性はいるけど、結婚したい男性がいるのか、いざ結婚して、その生活を楽しんでる人がいるのか、疑問に思うことがある。

結婚が馴染んでいる人はいる。それは彼らに適性があったからだと思う。

最後に、牛乳石鹸は、手頃な値段で購入でき、動物実験をしていない会社なので、これからも製品は買うと思います(ここのミルククレンジングを愛用している)。まぁ、ルミネのCMは心底腹が立ったけど、これは他人事すぎてイメージしづらい部分もあった、というのが本音です。

知識で通用しねーから

やらかした。

私は悩みを人に言うのが子供の頃から好きじゃない。本当に信頼している人じゃないとダメなのだ。

それをわかってから、人に言わなくなったはずなのに、うっかり、それを深夜に言ってしまった。最悪である。後味がとても悪い。

 

頭が良い人が好きだと思っていたけど、それは「持っている知識、ないしは感性などを生かして問題を解決できる人」が好きなんだと思った。現実は、「知識はあるけどそれを役立てられない人」ばかりだ。そして彼らは頭でっかちである。

人が大変なのに、「違う道がある」とか、「人は奴隷になりたがるとフランスの学者が言ってた」とか、挙げ句の果てに「俺だって大変だよ」なんて言葉は聞きたくなかった。最後の言葉は、私が結婚したくないと思った言葉のひとつじゃん。

「病めるときもすこやかなるときも」愛せる人なんていないんだ。いや、病んでばかりいる人間は結婚できないのだ。病み方にもよるけど。

でも、良かった。私が愛した美しい18歳の男の子は、もうただの大人になったんだ。解放された。私は誰も愛していない。過去の人間を愛してもなんの意味もないから。

さようなら。

 

 

詩人や作家と結婚できない現実は美しくないから、私は一生独身でいい

この前、仕事の合間に帝一の國と、東京タラレバ娘を漫画喫茶で読んだ。地方に住んでいる33歳からすると、東京タラレバ娘は意外とリアリティーがない。何より、巻末の悩み相談なんて、私の生活からかけ離れている。これは私に結婚願望がなさすぎるせいなのだと思う。25歳くらいのときは結婚したかったし、当時付き合っていた相手にも結婚したいと言った。鬱で休学中の医学生に結婚したいと言う私はどうかしていた。その相手と別れて、付き合った相手は結婚する気はないが、それでもいいかと言っていた。自分の生活と結婚がかけ離れていたため、相手にそれを言われても違和感しかなかったのを覚えている。

結婚するとめんどくさい女同士の付き合いが断れると言うが、そもそもめんどくさい女同士の付き合いはない。めんどくさい人々とは縁は切れるか薄くなり、たまに誘われても会うことすらしない。私は「仕事で都合がつかないから」という台詞が使える(拘束時間は短いが、休みはなかったりするので)。

独身でいても既婚者子持ちに見られるくらいだから、そこまで身綺麗でもないんだと思う。これは、20代前半の頃からなのだ。高校生のときは私服だと社会人に間違えられ、気付いたら既婚者っぽく見られ、子持ちに見られるようになっていた。

確かに、40代で独身で、年よりずっと若く見られる人は羨ましいな、と思う。彼女たちに生活臭はないから。でも、結婚していても子供がいても、若くて綺麗な人はたくさんいるので、その人次第なのだと思う。美醜関係なく、目鼻立ち、雰囲気、体型にもよるし。落ち着いた感じの美人で既婚者オーラが漂う人もいると思う。

 

東京タラレバ娘を読んだ後のせいなのか、帝一の國の「将来を考えない恋愛は不純異性交遊となる」という台詞が頭から離れなかった。それならば私は不純異性交遊しかしたことがない。そして、将来を考えるって、セックスで子供を授かったら責任を取る、ということでいいと思う。しかしその覚悟をしてセックスをする人は多くないだろう。

「この先ずっと一緒にいたい人」がいない。だから私は誰とも付き合いたくないのだ。いや、でも自分に自信はないので、付き合ってくれと言われたら承諾するだろう。

ちなみに帝一の國でいちばん好きなのは京田一郎です。でも、結婚したいのは弾くんです。女なんてそんなものなんです。