読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻想と現実

田中美津さんの、AV出演強要についてのコラム? の動画を見た。とても興味深かった。上野千鶴子が私淑としている方なんだね。そんな私は、田嶋陽子に憧れたり、フェミニズムに憧れたりしてたの。で、高校時代、学校の図書館で「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」という本を借りたんだけど、さっぱりわからなくて返した。今読んでもわからないかもしれない。
AVは本当に男性のファンタジーでしかない。ただ、私はそのファンタジーを叶えようと数年前まで思っていた。フェミニズムに憧れているのに、それ以上に必要とされたかったんですね。あとは、エロ本をこっそり読んでいた子供だったので、動画って面白かったんです。
私が間違っていたのは、「性的に必要とされることに意味がある」と思い込んでいたことだった。これに、「男性に幸せにしてもらう」がくっつくと、さらにわけがわからないことになる。幸せにしてもらいたいというより、男の人しか自分の言葉の救えないと強固に思い込んでいた。私は自分に自信がなかったので、男性の理想像に近づこうとして、自分を見失ってしまったのだ。

さて、AVの話に戻る。女性向けAVも私は見るのだが、あれはあれで女性向けのファンタジーでときめかない。私はR-15の映画くらいがいちばんエロくて美しいと思っていて、想像力を掻き立てるものにしか惹かれないのだ。もしかしたら直球のエロには飽きたのかもしれない。
最近のAVは女性がリードするものも増えたし、一時は母乳ブームだったらしい。エロいお姉さんに誘惑されたいという男性は増えたのかもしれない。これもまた、男性の幻想であるわけだ。支配か、許しか。そんな単純なものではないと思うけど。でも、甘えたいという男性は増えたような気がする。

40代の男性が年の差婚するのは難しいとニコニコニュースに書いてあったけど、あれは現実なのだろうかねぇ。私は20代ではないので、わからん。私が思う現実は、男性は女性を救ってもくれないし、頼りにもできないし、女はそんなに可愛くも綺麗でも優しくもないってことだと思います。

パソコンと携帯と本の中にアイドルと嫁がいるから、結婚しなくていいやとわりと本気で思った土曜日でした。

復讐それだけは生きる意味になんてならなかった

熱狂的ではないですが、Syrup16gが好きです。
私は自分を「吐く血」の女のようだと思っていますが、人から言われたり、歌詞を引用されるのは、「幽体離脱」だったり、「汚れたいだけ」だったりします。
実際私は、小学5年生のときに心療内科に連れていかれたので、「汚れたいだけ」は合っていると思います。「小学5年から人生ナメくさってた」んです。
で、汚れたいだけの全体の歌詞は本当に好きなんですけど、twitterの「嫌なことをされたら復讐はして当然」みたいなルール、恐ろしいというか納得できないんですね。

私は壮絶ないじめとか受けたことはないです。14歳まで友達はいませんでした。2人組になって! って言われたら、どうにかなってたんじゃないかな。グループに所属とかも高校まではしたことがなくて、1人でいるのが好きでした。
背が小さくて大人しかったので、上級生とか男子にからかわれたこともありました。先生はあまりにも可愛いげがなく、面倒な私を疎んじている人が多かったです。はっきり言って、小学生の頃なんて地獄です。本を読む以外、どこにも救いはありませんでした(家庭のことは今回は省略)。
それから30歳になるまで、生きているのがとても嫌だったんですけど、「復讐」は当に諦めました。というよりも、地獄の中にも光はあって、私のことを認めてくれる人がいたんですね。
「あなたを傷つける側にも理由はあるんだよ」と教えてくれた人がいました。心の余裕がないゆえに、人に当たり散らすのは心の狭い、可哀想な人たちなのだと知りました。集団で誰かを傷つけるなんて、卑劣以外の何者でもありません。
何よりも早くから、「人からどう思われるか」は考えないようにしました。私は自分がそこまで変だとは思っていないのですが、周りから見たら変だし、変な人を攻撃したくなる人はたくさんいるのです。

「いじめていた人間は幸せに生きている」というのが定説のようですが、そうではない例を、いくつか見ています。私は因果応報を信じているので、今世でなくても、来世とかで報いは受けるんじゃないかと。
何より、復讐に燃える労力がもったいないです。世の中には綺麗で可愛くて美しくてほのぼのして、綺麗なものがたくさんたくさんあるのに、自分を傷つけた人間とも呼べぬ生き物への復讐に燃える囚われるなんて、もったいないです。
復讐に燃える人の姿は果たして美しいでしょうか? 人を引き付けるでしょうか? 一時の美しさはあっても、本質的な美しさに繋がるとは、とても思えません。

最後に、いじめっ子を「軽蔑する」という方法でいじめを解決した、山田詠美の「風葬の教室」を紹介して終わろうと思います。同時収録されている「蝶々の纏足」も、百合ともガールズラブとも取れるのですが、主人公から学ぶことは多い小説であると感じました。

モテメイクに反応してくれる男性が存在する世界とは

また恋愛の記事である。ごめんね、このテーマならいくらでも書けるんだよ、たぶん。
バレンタインを明日に控え、バレンタインメイク、バレンタインファッションなどの言葉を目にする。私はモテないくせに、モテメイクとかモテファッションが好きなので楽しい、と言いたいところだが、ごめんね、恋人も好きな人もいないこじらせアラサーはそこまでは楽しめないよ!

そもそも、女性のメイクやファッションの変化にそこまで気付く男性っているんですか? 実は私の弟はモテるイケメンで、私の香水とか服装について言われたりもしてたんですけど、それは奴の恋愛偏差値が高いからなんですよね。決して批判をしたいわけではないんですけど、例えば進学校の男子校→理系の大学→男性だらけの職場で、女性をあんまり見たことがない人はわからないと思うんですよ。え、お前はどうかって? 私は途中から共学になった高校(女子クラス)→入学と同時に共学になった女子短大→女性の多い職場→男性の多い職場→女性の多い職場→在宅 です。男性の多い職場にいたときに、男性が黒目を大きくするコンタクトレンズをつけているときに気付かなかったので、その程度です。だって異性の瞳なんて、そんなによく見ないでしょう?(言い訳だよ)

現在はとにかくナチュラルがウケます。綾瀬はるかだって、ガッキーだって、北川景子だって、そこまで化粧してる! 感はありません。さらにまだまだアイドルは人気だし、清楚さを求める男性は数多くいるでしょう。
私はおフェロメイクとか血色感を感じさせるメイクが好きなんですが、男性の「チークを入れる意味がわからない」「なんかビッチっぽい」と言う声が聞こえてきそうです。
血色感や潤みを感じさせる石原さとみ深キョンも、似せるのが難しい気がします。深キョンはそうでもないか…病院にあった、昨年の美容雑誌を読んだら、石原さとみに似せるメイクが載っていたのですが、濃い顔向けの石原さとみメイクは、私が前にしていたメイクと同じでした。

これは私が高校生のとき、「化粧してる女は気持ち悪い」とか、「まつ毛、まつ毛」とバカにされたことがトラウマなのかもしれません。昔は幅の狭い奥二重だったので、まつ毛命だったんです。でも、ナチュラルなまつ毛ではなかったんだろうね。ちなみに彼らが今頃何してるかは知りません。
好きな男性が出来たら、メイクもファッションも髪型も、すべて合わせてしまう。それが楽しい人もいるでしょう。私は楽しくなかったね! 今のほうが楽しいね! おしゃれだったりセンスのある人と付き合って、その人と合わせてたらまだしも、皆ダサかったからね! でも私は優しいから、こうしてほしいとか言えなかったもん! さすがに部屋着みたいな格好で外に出るな、とかは言いましたけど。スウェットパンツがラクなのはわかるけど、あれをおしゃれに着こなせるには、それなりの体型とセンスがいるんだよ!

世の男性の皆さん、もっと女性のメイクを認めてください。すっぴんでいいとか言わないでください。芸能人の晒しているすっぴんは、大体すっぴんではありません。チークとかリップを認めてください。あと、「今日、顔色いいね」って言わないでください。それ、チークのおかげですから! 塗ってるかくらい気付けよ!(黒コンには気付かないけど、顔色くらいはわかりますって!)
しかし、チークって女性でも気付かないものなんですね。女性にも言われましたから。ちなみに使ってたのは、CHICCAのフラッシュブラッシュのクリームチークです。ピンクだったけど、どういうピンクだったか、色の番号は忘れてしまったよ。似たような色は、なかなかプチプラではないように思います。

さぁ、明日はバレンタインデー。世の皆様が良い平日になることをお祈りしています。
あ、私はPeople Treeのチョコレート、ハイカカオのチョコレート、チェリーのチョコレート、クリスチャンルブタンの赤リップ、THREEの白のネイルなどお待ちしています。クナイプのバスソルトでも構いません。

恋愛強要軍団

twitter怖い、と思って、「星の王子さま」のトークアプリをしてたら、星の王子さまの世界観とまったく合わないことを呟いている若者が結構いて怖い。このアプリを使うんだったら、星の王子さまを読んでからにしてくれ! サン=テグジュペリは悲しむかもしれないよ。

今の若者は(おそらくさとり・ゆとり、プレッシャー世代)は恋愛をあまりしないと言われている。どうやら10代はそうでもないようだが、そのへんの事情は知らない。
恋愛をしない理由は、牛窪恵さんなんかが的確に著書で書いてらっしゃるからここでは省くが、怖いのは、「恋愛している人」「結婚している人」「結婚して子供がいる人」を叩く人々である。
リア充爆発しろ」と言う人はまだいる。恋人がいてもリアルが充実しているとは限らない。まぁ、私も過去にはカップルを見るとイライラしたものだったが、これくらいはまぁ仕方ないか。
怖いのは、「勝手に妊娠して子供を産んだくせに、その代わりに私が派遣で働くとか有り得ない」と言った知人である(縁は切った)。いやいや、妊娠して子供を産んだのっておめでたいことでしょうが。今、子供の数少ないじゃないですか。
「高卒の人って何も考えずにすぐデキ婚するよね」
「子供はきちんと準備をして、祝福されて生まれてくるべき」
「恋愛や結婚を考えないのに性行為をしてはいけない」
「付き合った人数や経験人数を自慢気に言う人は股の緩さをアピールしている証拠でしょ」
絶句したい。なんにも思いたくない。流したい。しかし出来ない。まとめよう。
学がないから簡単に性行為をして子供ができたから結婚しました、と言うのはどうかと思うし、堕胎するよりいいでしょう。堕胎って殺人ですからね。特に男性にはその意識が薄いと思うけど(避妊具つけてれば平気、とドヤ顔する人がいますけど、避妊具で避妊できる確率は78%。完全に避妊したかったら、避妊具とピルを併用してください) 、恋愛結婚でも、祝福されて生まれてくるとは限らないし、そもそも準備って何? 金銭的な面とか?
あと、恋愛や結婚をしていないのに性行為をしてはいけないって言うけど、それは男性に言ってくれよ。もちろん、寝たがる女の人もいるけどさ、というか日本の昔の性文化のこととか調べてから言え!(民俗学の本をばらまきながら)
最後のは、これは価値観の違い、というか、プレッシャー世代からすると微妙な言葉ですね。だって、付き合ってる人数が多いことが良しとされた時代ってあったんだよ。頭の悪い世界かもしれないけど。
狭い世界で生きている人は、視野の狭い人々は、世の中にはいろんな人がいる、ということを知らない。40代近くで童貞と処女のまま結婚して、性行為のやり方がわからない夫婦がいるのを知らない。いや、意外といるらしいですよ。子供の作り方を知らない人。作り方を知ってても、男性の自慰と女性の生理について、ちゃんと知ってる人は少ないですよね。どういう仕組みで妊娠するのかも、学校では習ったけどちゃんとは覚えてない気がする。性病についても。家庭で教えることも少ないだろうしね。

さて、もうひとつ、「結婚しないの」「彼氏作らないの」「恋愛しないの」「恋愛って楽しいよ」
と言ってくる人たちがいる。これはラブハラスメントって呼んでいい? ひとまず、こういうことを言う人を、恋愛強要軍団と呼ぼう。
結婚はマリハラになるから置いといて、恋愛強要軍団は、悪意があってこれらのことを言っているわけではない。ただ、「彼氏がいると楽しい」「年頃になったら恋愛したほうがいい」と勝手に決めつけて言ってくるのだ。大きなお世話である。
まず、出会いがなければ彼氏は出来ない。職場か、友達の紹介か、合コンか、ナンパか、それくらいしか選択肢はない。ネットでの出会いもカウントしたいのだが、恋愛強要軍団は、ネットで出会うことには否定的である。今や、ネットで出会って恋愛して結婚する人は珍しくもないのだけれど。
異性の少ない職場は多い。友達に紹介されたり、合コンに行っても、魅力的な人に会えるとは限らない。ナンパは怖い。友達同士でワイワイ遊んでるうちに付き合いました、というのが良さそうだが、そんなことはごく一部の人にしかない話である。
で、恋愛って楽しいですか? すぐ辞めた職場で、「恋愛しない人はおかしい」って風潮が流れてて怖かった。爪とか髪の毛だけはやたらと綺麗な女性が、「恋愛は面倒だから楽しいのよ~」って言っててホラーだった。その、恋愛しないのは子供、面倒くさいことを避けるのは子供、みたいなのやめてほしいです。ちなみに上司はデキ婚だったみたいですが、仕事のできるいい人でしたよ。
私はネット恋愛の経験しかないし、色々あった結果、人は好きになれなくなった。一生独身でいられる自信はないから、そのうち相手が出来たらなぁ、と思ってはいる。
何より、恋愛をすると好きな格好もメイクも髪型も出来ない。私は自分に自信がないから、全部相手に合わせていた。しかし、彼らに同じことを求めたことはない。私は今、自由なのだ。いちばん好きなメイクをして出かけることが出来る。

いろんな人がいてそれでいいやって思えないと辛いよね、っいう自戒を込めた記事でした。

世の中に、巨乳というだけで巨乳というだけで付き合いたいという男はそうそういない

はいはい、満月ですよー。感情が昂ると、握っていたアメジストも、満月にイライラしやすいから、月の満ち欠けに合わせたカリス成城の、満月のハーブティーも切らしてて、さらには怪我してるから、ネットばかり見てイライラしてるよ! 本を読もうにも集中できん!

32年間生きてきて、思ったことがある。特に、20代半ばから思ってることがある。胸が大きいっていいことが何もない。肩は胸が膨らむ前から凝ってるけど、可愛い下着はないし、垂れるか心配だし、似合う服が実は少ない。そして、無駄に反応されるのだ、同性に。
愛想の悪い私は、ありがたいことにセクハラをされたことはほぼない。昔、アルバイトしていた職場の新年会で、同じ会社だけど担当が違うノリのいい、ギャルっぽい子に、「え、胸大きい。何カップ?」と訊かれたことがある。素直に「Gです」って答えたら、私のことを怒ってばかりいる上司が嬉しそうな反応をしやがった。そんなに嬉しそうにするなら、当たるのやめてくれ。気の毒だったのは、「Gってすごいよな」という反応を求められた、同じ担当のWくんである。私はWくんが好きだった。しかし彼は、胸には興味がなかった、と思う。根拠はない。勘である。あとは、とにかく女の子が羨ましがる。胸をあげられる社会が出来たら、世の中は平和になる。

21のとき付き合っていた人は、たぶんモデル体型の女の子が好きで、私にも笑いながら「Bカップになってよ」という人だった。そもそも私のことは好きではなかったんだろう。24のときに付き合った人は、私の胸を触ったことが一度もないし、27のときに付き合った男性とは、そもそも性交渉をしていない。大きい胸がセクシャルアピールだとしたら、まったく使われなかったのだ。
AVとかグラビアでは巨乳が人気だが、それは自慰の対象としてだろう。「巨乳とヤってみたい」男の人はたぶん多い。でも、巨乳は感度がいいわけじゃない。私は女の子の胸を触ったことがないのでわからないけど、感度がいいのってひかえめな胸の人でしょう。
今はそんなにやせてて胸があるわけじゃないけど、本当に一時期脂肪吸引しようと思ってた。怖くて出来なかったけど。胸も含めて愛してくれる男性が現れたら変わるんじゃないの、と言われたけど、そうかもね。確かに胸が好きな男の人と関わっていたときは、ここまでコンプレックスは強くなかったもの。
胸は大きさではなく形だと思います。もし、私の胸がお椀型だったり、もっとバストトップの位置が高ければ、気にしてないと思います。
優しいお姉さんに包まれて眠りたい、と思う土曜日でした。
土曜日なんて来るわけない。

お笑いについて

お笑いがめちゃくちゃ好き、というか、初めて結婚したいと思った人はお笑い芸人だった。彼はもう芸人を引退してしまった。ビビるの大内さんだ。
ファンサイトに入り浸り、見逃した番組があると言うと、親切な人がビデオをダビングして、送ってくれた。母の実家にあった、古い古い赤いラジオを布団の中に抱え込んで、オールナイトニッポンを聴いて過ごした。笑う犬の生活を見るのが楽しみだった。
私は当時、ほとんどひきこもりだったのだ。
月に1回くらいは学校へ行った。ほとんど食べたり飲んだりすることはせず、お風呂にも入らず、歯も磨かなかった。お風呂や歯磨きが大好きだったのに、嘘みたいだった。学校へ行くと、優しい、美しくて可愛いクラスメイトは、「やせたね」と心配していた。お正月に夏物のワンピースの上にコートを羽織って出かけて、電車の中で貧血で倒れた。生きているのは辛かった。だけど、お笑いのおかげで生きていられた。

結局休みすぎて、高校を留年した。そこにはイモみたいな女がたくさんいた。ひとつ下の女の子は、同い年の女の子からとは全然違い、垢抜けなかったのだ。いや、自分のクラスが特にそうだったようである。私はまた学校を休みがちになった。

気がついたらお笑い会を結成していた。卒業した先輩が、昔作っていたものだ。同好会なら簡単だから、勝手に作って、ただ、私が録画した爆笑オンエアバトルを皆で見るという、ただそれだけの会だった。
ホーム・チーム、シャカ、おぎやはぎアルファルファ、プラスドライバー、ユリオカ超特Q田上よしえ星野卓也パペットマペット。特に覚えているのはこの方たちだろうか。星野卓也パペットマペット田上よしえが出るライブに行ったこともあった。星野卓也はものすごくサービス精神旺盛で、いい人だった。高校生はすごい精神力だ。終わった後、写真を撮ってもらうことになんの抵抗もなかったし、サービス精神旺盛なのも、今思うと本当にありがたい。お笑いのライブに行けたのは一度だけで、地方から東京へ頻繁に行くわけにはいかなかったのだ。

シャカとホーム・チームが特に好きで、シャカの大熊さんとは結婚したかった。ホーム・チームの檜山さんも大好きだった。今、思うと、どう考えても結婚するなら植松さんか与座さんのほうがいいけど。
久しぶりにシャカのネタを見たら、あまりに面白くて笑ってしまった。もう現代の笑いにはついていけないや、と思ったら、2013年のキングオブコントで優勝した後、活動休止してるのね。50になったら復活ライブやるの、楽しみにしている。

やっぱり大熊さんが旦那さん向きでなくても、あまりにも理想の顔をしているなぁと思って、悲しくなった雪の日でした。

逃げ恥の「呪い」とタラレバ娘の「呪い」の違い

いやー、始まったね。東京タラレバ娘のドラマ。原作を複雑な思いで読んでいたアラサーからすると、ドラマはドラマで面白いなーって思ったけど、twitterでは逃げ恥と東京タラレバ娘を比較する人が多くて、それに対してん? と思ったので、書きたいと思う。
逃げ恥では、ゆりちゃんが若さに固執する女の子に対して、「自分に呪いをかけないで」と言った。これは素晴らしかった、と思う。日本は特に、若いとちやほやされるからね。
さて、タラレバ娘であるが、第1話では、自分達が30代で、実なそんなにニーズもなくて、何より「女の子でない」ということを知ってショックを受ける。呪いにかかってるというよりは、その現実を知ってしまうわけだよね。これから、本当にドロドロの展開が待ってるわけだし。
でね、ゆりちゃんの言ってることっていうのは、「素敵に年を重ねてね」って意味でもあると思うの。ゆりちゃんの言うことというか、そういうメッセージが含まれているのだなぁと。
で、タラレバ娘であるが、転んだ倫子に手を貸さないKEYはひどいけど、実際、ただお酒飲んでくだらない話ばかりしている女性は見苦しいじゃないですか。タラレバ言ってても現状は変わらないし、何より、婚活を頑張っている友人を、馬鹿にするなんてよくないでしょ。Facebookばっかり見ているのもそう。そりゃ、「あんたら、もう女の子じゃないんだから(しっかりしなさい)」ですよ。
これは別に女性だけではなく、男性でも似たような現象はあると思います。具体例がないんですけど。
とにかく倫子も香も小雪も、見た目はそれなりにいいんだろうけど、男性から見て結婚したい女か、長く付き合いたい女か、というとそうではないんだよね。そのへんは、漫画のネタバレになるので、また。

そのへんは置いといて、タラレバ娘のヴィジュアルはかなりいいと思う。吉高由里子はボブが似合ってるし、大島優子は身長が気になるけど、かなり再現度高いし、何よりいちばん心配だった榮倉奈々、そんなに違和感がない。香があそこまでふわってした印象はなかったけど、小雪との差が出てていいんじゃないかな。榮倉奈々が背が高くて、吉高由里子大島優子はそんなに高くないから、榮倉奈々を真ん中にすると、バランス取れるし。
3人のファッションも可愛い。特に、相席フレンチのときの大島優子のお洋服、印象的だったなー。正確には空いてる背中が気になりました。いや、いいなって。私が男なら、30代でも背中見せられたらドキっとするなって。大島優子は28だけどね。

私が住んでるのは東京ではないから、ああやっておしゃれして、出会いの場を探しに行くだけで楽しそうだな、って思う。だって、私が生きている世界では、おしゃれであることなんて重要視されないんだよ。その悲しみは、また後日。後日が多くてごめんなさいね。