あんスタの話

あんさんぶるスターズのメンテナンスが無事終わることを祈ってやまない。色々大変だったね、消費者庁とか。私はほとんど課金をしないので、なんとも言えないなーと思った。あれは、課金をする側だったり、ソーシャルゲームに詳しくないとツッコんではいけない問題のように思う。

さて、そんな私があんスタを始めたのはちょうど1年前である。友人がやっていて、なんとなく始めた。ものすごくハマっていたが、離れていた時期もあるし、システムを理解したのは最近かもしれない。元々ゲーム自体をやらないのだ。
私は夢女子という、キャラと恋愛をしたいタイプなので、最初は北斗や凛月にハマった。最初に朔間兄弟のカードを手に入れたので、零にもハマり、それから三奇人には行かず、演劇部にとどまった。日々樹渉が好きだったのである(もちろん友也くんも好きだ)。それからお姉様呼びする司くんにハマるものの、Knightsは推さず、眼鏡キャラということで蓮見に惹かれた。高身長をコンプレックスにしている翠くんが大好きで、自分がゆるキャラになりたいと思い始め、twitterのフォロワーさんの影響で忍にもハマった。あ、創にも初期にハマったし、光みたいな弟も欲しかった。颯馬のヴィジュアルも好きだし、そんなタイミングで紅月とKnightsのキャラソンを貸してもらう機会があり、Knightsにもハマった。紅郎は元々好きだったので、紅月も言わずもがな。
そんなわけで、好きなキャラが多すぎて推しが決められない。ユニットも決められない。しかし、そこへ現れたのがValkyrieである。これは、ハマらないはずがない。だって私はロリィタを着ていて、ゴシックな世界観も好きで、嶽本野ばらをバイブルにしてたからね!
その前に、あんスタの前はどんなキャラにハマっていたかを紹介したい。
SLAM DUNK…メガネくん、神さん、藤真、花形
眼鏡キャラが好きである。神さんの爽やかな感じが好きだった。ちなみに二次創作でハマったのがカリメロであり、大人になって読み返して好きになったのが魚住である。
メガネくんのお兄さんぽさと、眼鏡をはずしたら美形、のキャラは完璧だろう。
ホイッスル!…不破大地
シゲにも水野にも興味はない。ゆるく推してたキャラはいるのだが、不破への愛には敵うまい。三白眼と黒のタンクトップ姿、何でもこなしてしまうのに超天然、 こんな素晴らしいキャラはいるだろうか、いや、いまい。
しかし大人になってから読み返したら、不破は弟くらいがよくて、結婚するなら渋沢さんがいいと思った。
APH…ドイツ、スイス、オーストリア、スペイン、ギリシャ
皆が大好きな不憫なプロイセンには興味がない。私が好きなのはドイツである。ドイツと結婚したい。毎日怒られて暮らしたい。イタリアが羨ましいを通り越して、憎いときがある。
スイスは文語調のしゃべり方とおかっぱがたまらないが、リヒちゃんのだから手は出さない。オーストリアもあのお坊っちゃんぽさと、上品なしゃべり方がたまらないが、ハンガリーのだから手は出さない。スペインの陽気な感じが好きである。ギリシャはなんだろう…哲学の国だからだろうか? あのゆるさとなんとなくエロいのが良い。

まずい。これらのキャラをまとめて、なんでValkyrieにハマったか書こうと思ったのに、返ってごちゃごちゃにしてしまった。まるで自分の部屋を片付けたら、さらに散らかったときのようである。
Valkyrieで最初に好きになったのはみかちゃんである。だって宗は怖いんだもん。みかちゃんオッドアイだし、関西弁だし、人見知りだし、女の子がいると安心するとか言ってるし、飴を持ち歩いていて可愛い。ちなみに嵐は元々大好きだったが、みかちゃんと仲が良いと聞いて、さらに好きになった。
しかし、私のマイルームは宗、改めお師さんに設定してある。もうお師さんは私にとって崇拝の対象だから…怖いくらいがちょうどいいのさ…
お師さんはまずヴィジュアルが素晴らしい。ピンク色の短い髪の毛に、美しい目鼻立ち。夢ノ咲学院で、鼻がいちばん美しいと思うのは椚先生だが、次いでお師さんではないだろうか。全体的にパーツがものすごく大きいわけではなく、整った顔立ちのように思われる。また、ネットで調べたところによると、顔の形はどうやら面長らしい。
さて、そんな彼は細い体躯をフリルのシャツで包んでいる。それは良いとして、マドモアゼルというお人形を持っている。お師さんは、会話が面倒になると、このマドモアゼルを使って腹話術をする。冷静に考えると、美しい少年が、しかも高校3年生が、お人形を持って腹話術をするってギャグじゃないか。ノクターンというストーリーでは、つむぎに引かれ、紅郎に呆れられている。
どうやらお師さん、斎宮という高貴な名字だけあり、お坊っちゃんのようである。文語調のしゃべり方であり、古めかしい言い回しもする。しかし口癖はノン! だ。クロワッサンが好物だし、フランスも好きなのだろうか。
お師さんには自分の美学を貫く、という美しさがある。これは、並大抵の精神力で出来ることではない。自分を守るには、排除しなくてはならないこともあり、冷酷にならなければならない部分もある。このへんが、嶽本野ばらの美学と通ずるのである。お師さんはロリィタな人なのだ。だからこそ私は彼を崇めているし、Valkyrieが存在したらコンサートに通いつめると思うし、グッズはすべて買うと思う。
さて、実在したらLIVEに行きたいのがUNDEADである。これは女性ホルモンがドバドバ出そうなLIVEである。男の魅力ムンムンである。何より私はアドニスくんが好きなんだよ! 最初、ヴィジュアルをチェックしたとにアドニスくんと蓮見に惹かれたのだ。ハーフでエキゾチックなヴィジュアルってタイプなのだ。煽られたい~UNDEADに煽られたい~
握手に行きたいのは流星隊とRa*bitsである。翠くんに塩な握手をされたいし、千秋にものすごく強く握られたいし、鉄虎に元気をもらいたいし、忍に丁寧な握手をされたい。Ra*bitsはもう癒しだよ…可愛いよ…
紅月とfineとKnightsと2WINKもちろん見たいです。あ、Switchももちろん推してるよ。つむぎちゃんは二推しかな…
Valkyrieを崇拝していますが、結局皆好きで選べません。ちなみにノクターンのストーリーがツボすぎて死んでおります。まとまらないので終わり…