ちびまる子ちゃんとサブカル

ゆるい在宅オタとしては、AKB総選挙について書いたほうがいいのだが、りりぽんを結構推してた身としては、なんとも言えないので落ち着くまで書けない。おめでとう、おぎゆか。ちなみに私は森保まどかに入れたよ。おぎゆかに入れようか迷ってたら、速報1位だったから入れなかったよ。

 

twitterでやたらと花輪くん×ちびまる子ちゃんのノマカプ漫画が回ってくる。夢女子なので、ノマカプもわりと好きだけど、ちびまる子ちゃんて、昔のりぼんの漫画としては異端だったよなぁと思う。

勝手な偏見だけど、りぼんを読んでた人は華やかな感じで、なかよしを読んでた人は大人しめ、文化系、そのまま創作に行った人、という印象がある。りぼんとなかよしを両方買ってた人もいると思うので、一概には言えないんだけど。りぼんはラブストーリーが多いという印象が強かった。私はなかよしを買って読むことが多く、カードキャプターさくらより、魔法騎士レイアースが好きだった。魔法騎士レイアースを学校に持っていったら、男子が怖いと言っていたのが忘れられない。

セーラームーンを読んで惑星のことを調べるような変な子供だったので、仕方がなかったのかもしれない。小学校高学年では、オカルトにハマりだした。モテる要素0である(しかし、一緒にピチレモンを買って読み、モテる仕草を研究し、唇をパックしたりしていた。可哀想な小学生だ)

そんな中、りぼんのちびまる子ちゃんだけは好きだった。その後コジコジを見たり、永沢くんを読んだりするのだが、ちびまる子ちゃんには不思議な安心感と、少女漫画っぽくない空気があった。それから数年経ち、友人の家で丸尾末広ねこぢるを読むようになり、丸尾くんの名前は丸尾末広から取ったのだと知った。それ以上に、花輪くんが花輪和一から取ったことがびっくりだったけど。

サブカルはサブカルでも、私が思い浮かべるのはおしゃれサブカルではない。古本の匂いと、古着の匂いとお香の匂いが混ざりあった、昔のサブカルである。高校生まで友達はいない、みたいな。美大に入って友達ができたり、東京に出てきて友達ができる、それまでは自分の趣味の世界に浸ってる、そんな感じである。

でも私はオタクにもサブカルにもなれない。なんのカテゴライズも出来ぬまま、32の初夏はじっとりと過ぎていく。