夢だけを書く(書けなかった)

現実は、出会いもなく、出会おうとしてもおらず、33歳で、恋愛におけるスペックが低すぎるが、そんなことはすべて忘れて、願望だけを書きたい。正確に言うと、プレゼントされたいものである。

 

CHANELの赤リップ

山田詠美の小説が大好きな身としては憧れますよね。いや、女性でCHANELの赤リップに魅力を覚える人は結構いるのかな。

CHANEL自体が好きというわけではなく、CHANELの赤リップが欲しいんですよ。サプライズでもらったら結婚すると思う。

 

HERMESバーキン

相手が石油王だったら。

ハイブランドのバッグで唯一憧れるもの。でも、コットンのしか欲しくない。

自分で買おうと思ったけど、バーキンに似合う女性になれる気がしない。

ちなみに私はJANE BARKINが大好きです。ゲンズブールはどこにいるのやら。やせたけどBARKINにはなれやしない。

 

・下着かもしくは香水

服ではダメなんだ。肌に近いものがいい。まず、私のカップサイズを覚えていてくれたらそれでいい。

香水は好きだけど、自分に似合う香りがよくわからないので、「これはあなたに似合うと思った」って言ってプレゼントされたら嬉しい。

ただ、メジャーな香水は使わないと思う(性格が悪いのはわかっている)

 

現実に戻ろう。 

男性の性欲が高級ブランドをプレゼントしたり、高級レストランに連れていくというのは納得しない。いずれは性欲に結びつくとしても、「相手の喜んでいる顔が見たい」からプレゼントする人もいるのではないだろうか。いや、いてくれないと困る。

私がいちばんびっくりしたのは、YSLのリップを彼女にプレゼントした男子高生がいたことだ。どこをどうやり直したらそのような幸運に恵まれるのか、考えたくもない(おそらくそれは宇宙の話だ)。どう考えても、これから先YSLのリップをくれるような男性には会えないだろう(ちなみにYSLのリップは持っているので、特に欲しいものに入れなかった)

でも、よく考えたら彼氏にプレゼントされている女の子なんて結構見てきた。彼女達は皆美意識が高かった。当然、投資している金額も大きい。一時期、そこの観点から考えると、私はマイナスの人生だなと思って死にたくなったことがある。私は毎月美容院に行って、数ヶ月に1回は10万円くらい服を買って、恋人への食事代もホテル代も出していたのだ。ちなみに恋人は激務のため性的不能であり、セックスをしたことはない。しかも、このようなことはなかったことにされているようで、ずっとtwitterで悪口を書かれている。

うん、決めた。やっぱり恋愛は損しかしないからしても無駄だ。時間とお金が消えて、傷ついてネタしか出来ない。同じお金を使うなら、ソシャゲに課金をしたほうがよほどマシというものである。

本音を言えば、「毎日仕事を頑張ってるからご褒美だよ」と言って何かもらいたいところだが、休みがないことを知人男性にこぼしたところ、「俺だって働いている」と言われて終わりであった。何か願望があって、異性に近づくともれなく傷つくように出来ている。呪われているのかもしれない。

…世の男性の皆さん、疲れている女性にはもう少し優しくしてあげてくださいね。何かくれなくてもいいから。